スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(Android) 変数からリソースIDを取得する

リソースの数が多くなってループで処理をしたい。変数からリソースIDが取得できればなぁ…と思って調べたら、あっさり見つかりました。感謝!

[参考URL]
RにあるリソースIDを変数名から取得したい
変数名からリソースIDを取得する

(WebAPI) YouTubeで限定公開動画のrtsp用URLを取得する方法

前回の方法で限定公開動画のrtspを取得しようとしましたが、「限定公開動画は、検索結果、チャンネル、ランキング ページなどの YouTube の公開ページには一切表示されません。(YouTubeヘルプより)」というだけあって、詳細情報は取得できませんでした。でも、rtspが必要!ということで、限定公開動画の取得方法です。

[限定公開動画のURL]
http://www.youtube.com/watch?v=QASmNHhcwPE

[rtspの取得方法]
http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/QASmNHhcwPE

複数指定は出来ない(と思います)ので、複数ある場合は、1つ1つ調べる必要があるようです。

(WebAPI) YouTubeで特定動画のrtsp用URLを取得する方法

Androidアプリで、VideoViewを使ってYouTubeの動画を再生させたい!ということで、
いろいろ調べた結果、rtsp(real time streaming protcol)なら、再生可能ということが分かりました。(参考サイト

で、rtspフォーマットのURLをどうやって取得するか?がポイントになってきました。
で、YouTubeのWebAPIを使って、いろいろ実験した結果、以下の方法で取得に成功しました。

http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos?q=qij1DYanIoU&format=1

赤字の部分は、動画IDを指定します。通常のリンクの赤字の部分です。
通常URL:http://www.youtube.com/watch?v=qij1DYanIoU

緑字の部分は、以下の2種類です。どちらでもAndroidで再生出来ました。
1 : H.263 動画 (最大 176 x 144) と AMR 音声です。
6 : MPEG-4 SP 動画 (最大 176 x 144) と AAC 音声です。
公式リファレンスガイドより抜粋)

上記から取得できるxmlを解析すれば、rtspが取得出来ますよ!
因みに、こんな感じ。
format=1の場合 : rtsp://v5.cache2.c.youtube.com/CiILENy73wIaGQmFIqeGDfUoqhMYDSANFEgGUgZ2aWRlb3MM/0/0/0/video.3gp
format=6の場合 : rtsp://v7.cache5.c.youtube.com/CiILENy73wIaGQmFIqeGDfUoqhMYESARFEgGUgZ2aWRlb3MM/0/0/0/video.3gp

(Android) カメラで撮った写真をSDカードに保存する。

C&R研究所の「Android SDK逆引きハンドブック」を購入し、サンプルを動かしながら、Androidアプリを勉強中ですが、SDカードに保存する時に、軽くハマりました。

サンプル(193)だと、SDカードに保存する関数は、↓のようになっていました。


しかし!IS03では、上記のままでは画像が保存出来ませんでした。
原因は、保存先の指定でした。
サンプルでは、『/sdcard/』となっていますが、この部分が、機種依存するのです。
因みに、IS03では、『/sdcard/』ではなく、『/mnt/sdcard/』でした。
対処方法については、こちらのサイトで説明がありました。ありがとうございました。

また、上記の他にも、AndroidManifest.xmlにも、パーミッションの指定が必要でした。
<uses-permission android:name="android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE"/>

まとめ
①保存先は、機種依存する為、Environment.getExternalStorageDirectory()を使用する。
②AndroidManifest.xmlにパーミッション設定を行う。

修正したプロジェクト
クリックだけで募金が出来ます。
enjoy garden selection
お買い得情報
enjoy petit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。